マタニティフォト・新生児フォト・ベイビーフォト・七五三・成人式|Aimer-Photogenique- フォトスタジオ エメ

 
Aimer-フォトスタジオ エメ-では、お部屋に飾りたい写真を撮影します

マタニティ・ベビー撮影専門スタジオ
Aimer-フォトスタジオ エメ-

 
エメは全天候型ハウススタジオ。天候や時間帯に左右されずに明るく綺麗な写真が撮影できます。
そのスタジオをあなたのために貸切で使用します。他のお客様は入ってきません。
スタッフは全員プロフェッショナル。様々な撮影をこなすプロのフォトグラファーやヘアメイクが、楽しい雰囲気で撮影を進めていきます。
エメでは、堅苦しい撮影じゃなく笑顔や自然な姿が一番のシャッターチャンスと考えています。
緩やかな雰囲気で進む撮影、余裕を持った時間設定ですので時間に追い立てられることなどありません。
さらに、セレクトした写真にはプロのレタッチャーが画像修正を入れますので、仕上がりは雑誌や広告と同じレベルです。
ぜひ、写真をご覧になってください。
キャンペーンも行っておりますのでそちらもご覧ください。

 








 
お問い合わせお問い合わせ

お問い合わせフォームに進みますので、
ご質問など何でもご記入ください

 

 お電話でのご予約・お問い合わせはこちらに

03-6455-5505

営業時間 10:00〜20:00(年中無休)
何でもお気軽にお問い合わせ下さい


最高の写真をあなたの記録として残して下さい。

マタニティフォトは、妊娠〜出産という、あなたの人生の大切なイベントを記録に残すための写真です。日本ではタレントさんがブームの火付け役となり、最近ではたくさんの方が撮影をするようになりました。
大切な写真、エメではできる限り綺麗に残していただきたいと思い、撮影から仕上げまでたくさんの思いを込めています。
綺麗なライティングと、人物撮影の経験に富んだカメラマンの適切なポージング、画像処理による完璧な処理によって、写真が苦手な方でも雑誌や広告と同じクオリティの写真が仕上がります。

マタニティフォトを詳しく見る場合はこちらをクリック

ご自宅に伺う出張撮影と、スタジオにお越しいただくスタジオ撮影をご用意。

新生児フォトは、生まれたばかりでまだとっても華奢な赤ちゃんの姿を撮影する貴重な写真です。
この華奢な姿はほんとうに短期間だけで、生後4〜6週くらいでプクプクとした姿に成長してゆきます。産後の忙しい期間の中でもあり、あっという間です。
新生児フォトは海外では結構メジャーな撮影で、最近は日本でも新生児フォトを撮りたいという方が増えています。
マタニティフォトから新生児フォトという流れでアルバムを作るのも、とっても魅力的です。将来、その赤ちゃんが大きくなり、成人したり、結婚したりした時に見ると、とても感動的でしょう。
ぜひ、赤ちゃんが生まれた喜びの記念に。  

新生児フォトを詳しく見る場合はこちらをクリック

平日特別プランで全データもらえて9,800円〜!

 
撮影全データお渡しの特別プランを行っています。平日の撮影なら、全データがもらえて総額9,800円です!
さらに、通常のプランで撮影をしていただいた方には、全カットを印刷したインデックスブックをプレゼント!
インデックスブックがあれば、わざわざ写真をプリントしてアルバムに貼る必要もありません。
とっても楽に全写真が鑑賞できます。 
 
エメでは、自然なベイビーの姿や表情を全力で撮影します。何かに夢中な姿、ママやパパと話して笑っている笑顔、見つめる眼差し、 高い高いで楽しそうにしている姿、抱っこで安心している表情、全てが作品です。

ベイビーフォトを詳しく見る場合はこちらをクリック

オススメのプラン

マタニティフォト

マタニティ&新生児プラン

マタニティフォトと新生児フォトを撮影し、1冊の写真集にまとめて編集するプランです。
2つの撮影がセットになっており、妊娠〜出産が一つのストーリーになっていて、とても感動的です。
このプランでは、出産時にご自分で撮影された写真も写真集に入れることができますので、より思い出深い記念アルバムが仕上がります。

ベイビーフォトを詳しく見る場合はこちらをクリック

ベイビーフォト

ハーフバースディプラン

ベイビーの成長は本当に早く、油断すると大事な時期の撮影を逃してしまいます。
中でもハーフバースディはオススメの時期です。ハイハイの手前、まだ自分で移動できない赤ちゃんはプクプクしていて最高にかわいい時期です。
いろんなことに反応して笑ってくれるようになる時期でもあります。
たくさん笑顔の写真を撮影しましょう。

ベイビーフォトを詳しく見る場合はこちらをクリック

マタニティフォトってなに?

妊娠後期、お腹が大きくなった姿を残すための記念写真です。ご自分の記念として撮影する意味合いが強いと思いますが、お子さんが将来妊娠した時に見るととても感動的です。
マタニティフォトは、日本では芸能人が撮影したのがきっかけでたくさんの人が撮影するようになった写真です。
今ではネットの検索数でもベビーフォトよりも圧倒的に検索数が多く、注目度が高いことがよく分かります。
写真館でもほぼマタニティフォトのメニューがあるほどです。
お腹を出す写真を「マタニティヌード」という場合もあります。大手写真館ではお腹を出した写真が撮影NGなんてところもあります。
写真館やフォトスタジオにもいろんなシステムがあり、例えばデータがもらえないところ、データは別で販売というところ、セットになっているところがあります。
エメは全てセットになっているプラン方式です。
撮影が恥ずかしいという方もいると思います。そのためにカメラマンを含めたスタッフを全て女性で固めているスタジオもあります。でも撮影は楽しく行われることが多く、恥ずかしさはすぐなくなると思います。
カメラマンが男性のエメで撮影していただいたお客様で最後まで恥ずかしかったという方は今まで一人もいません。
写真にレタッチが入るかどうかもスタジオによって違います。最近は簡単なレタッチを入れるスタジオが増えましたが、写真館は基本的にレタッチ無しの写真を使用します。
エメはプロのレタッチャー(写真修正のプロ)が一枚一枚をしっかりと仕上げますので、雑誌や広告のレベルの自分写真を初体験していただけるはずです。
マタニティフォトは、出産直前にしか撮影できない、とても大切な記念撮影です。人に見せるというより、ご夫婦の記録として撮影する意味合いが大きいと思います。そして、お子様がご結婚されるときなどに見ると、とても感動的かもしれません。
と言っても、まだ先のことで想像が難しいですよね。


エメの写真修正

写真修正を入れることによって、写真は格段に素晴らしくなります。
エメでは修正と加工を入れた写真を印刷物に使いますので、当然仕上がりは美しいものになります。
 
マタニティフォトはお腹に目線を落とした写真を撮影することが多いので、どうしても二重あごになる場合があります。
ただ、それをそのまま印刷するのは嫌という方がほとんどだと思います。
エメではこのようにレタッチを入れ、印刷物のクオリティアップを行います。
 

 
妊娠中は肌の調子が悪くなる方も多く、顔などに吹き出物ができたりすることも多いです。
印刷物にはこのようにレタッチを入れます。
アトピーが妊娠で悪化してしまった方なども、きれいにレタッチ致します。
 
レタッチの強さは自由自在です。
正中線を少し薄くとか、ほうれい線をちょっと薄くとか、細かな指示をしていただけます。
 

写真の修正(レタッチ)には是非の議論もありますが、現代においてはごく普通の技術であり、ご自分の記念写真を綺麗に残したいという心理に対して当然のサービスと考えています。
特に妊娠時はどうしても、妊娠前の姿と変わってしまったなどの不満が出やすいです。
レタッチは、できる限り満足度の高い写真を提供できる一つのツールです。
ぜひ、エメで美しい記念写真を製作していただければと思います。
※エメでは修正を入れたデータも、元のデータも両方をお渡しします。
 

記念写真は思い出ボックス

何かの節目に撮影する写真。
記念写真っていうのはそんな認識ではないでしょうか。
私が写真というものに携わって、もう18年。
写真について、いろいろな事を考えます。
最近考えるのは、記念写真を撮影する事の大切さです。
人間の記憶力はとても弱いです。
いろんな事をどんどん忘れていきます。
楽しいことも辛いことも、どうでも良いことも大事なことも、どんどん忘れていきます。
でも写真を撮っておく事で、その映像と当時の記憶が紐づけられ、
写真を見ると関連した記憶やその時考えていたことなどの感覚が呼び起こされます。
これ、写真というトリガーがなければ、ほぼ思い出さずに人生を終える可能性が高いわけです。
写真を撮らないという人もたくさんいます。
それもぜんぜん良いと思います。
潔い人生。カッコ良いとさえ感じます。
でも、私はどうだろう。
私は忘れたくない派です。たくさんのキオクをあたまの中に残したい。
忘れてもかまわない人は写真など撮らないだろうけど、私は人生のいろんな事を忘れたくない。
あるいは自分のことを忘れられないように写真を残すという考え方もあるかもしれませんが、
自分が死んだら忘れられたくないとかいう感情すら無になる訳で、そう考えれば、
記念写真の役割って、たぶん自分が忘れたくないってことなんだと思います。
自分が忘れないようにする為の、写真。
記念写真=思い出。
ただその時の自分や家族の姿形をスキャニングしたものではない。
見るたびに、その時の状況や感情が思い出される。
その思い出に浸れることこそ、記念写真の醍醐味だと思います。
だから、記念写真っていうのは思い出ボックスなんです。
近い未来、遠い未来、その思い出ボックスを開けるとその当時のいろんな事、想いがワッと溢れ出す。
そんな、写真を撮影していきたい。
 
フォトスタジオ エメ 代表 山本じゅん

GALLERY

ギャラリー