マタニティフォト・新生児フォト・ベイビーフォト・七五三・成人式|Aimer-Photogenique- フォトスタジオ エメ

 

あなたの欲しい写真がここにあります。 

Aimer-Photogénique- エメ-フォトジェニック-は、部屋に飾りたい写真を提供します。

白を基調に作られた綺麗なライティングのハウススタジオを、あなたのために貸切で使用します。
そして、様々な撮影をこなすプロのフォトグラファーやヘアメイクが、楽しい雰囲気で撮影を進めていきます。
堅苦しい撮影じゃなく、笑顔や自然な姿が一番のシャッターチャンスと考えています。
緩やかな雰囲気で進む撮影、余裕を持った時間設定ですので次の撮影に追い立てられることなどありません。
さらに、商品になる写真には雑誌や広告と同じクオリティの画像修正を入れ、仕上がりの良さを約束します。
お会計は分りやすい、全て込みのプランで表示してあります。
 
続きを見る

 
 
お問い合わせお問い合わせ
お問い合わせフォームに進みますので、ご質問など何でもご記入ください
 

 お電話でのご予約・お問い合わせはこちらにどうぞ

03-3455-5505

営業時間 10:00〜20:00(年中無休)
何でもお気軽にお問い合わせ下さい


最高の写真をあなたの記録として残して下さい。

マタニティフォトは、妊娠〜出産という、あなたの人生の大切なイベントを記録に残すための写真です。日本ではタレントさんがブームの火付け役となり、最近ではたくさんの方が撮影をするようになりました。
大切な写真、エメではできる限り綺麗に残していただきたいと思い、撮影から仕上げまでたくさんの思いを込めています。
綺麗なライティングと、人物撮影の経験に富んだカメラマンの適切なポージング、画像処理による完璧な処理によって、写真が苦手な方でも雑誌や広告と同じクオリティの写真が仕上がります。

マタニティフォトを詳しく見る場合はこちらをクリック

ご自宅に伺う出張撮影と、スタジオにお越しいただくスタジオ撮影をご用意。

新生児フォトは、生まれたばかりでまだとっても華奢な赤ちゃんの姿を撮影する貴重な写真です。
この華奢な姿はほんとうに短期間だけで、生後4〜6週くらいでプクプクとした姿に成長してゆきます。産後の忙しい期間の中でもあり、あっという間です。
新生児フォトは海外では結構メジャーな撮影で、最近は日本でも新生児フォトを撮りたいという方が増えています。
マタニティフォトから新生児フォトという流れでアルバムを作るのも、とっても魅力的です。将来、その赤ちゃんが大きくなり、成人したり、結婚したりした時に見ると、とても感動的でしょう。
ぜひ、赤ちゃんが生まれた喜びの記念に。  

新生児フォトを詳しく見る場合はこちらをクリック

9/31まで!
平日特別プランで全データもらえて8,800円!

 
撮影全データお渡しの特別プランを行っています。平日の撮影なら、全データがもらえて総額8,800円です!
さらに、通常のプランで撮影をしていただいた方には、全カットを印刷したインデックスブックをプレゼント!
インデックスブックがあれば、わざわざ写真をプリントしてアルバムに貼る必要もありません。
とっても楽に全写真が鑑賞できます。 
 
エメでは、自然なベイビーの姿や表情を全力で撮影します。何かに夢中な姿、ママやパパと話して笑っている笑顔、見つめる眼差し、 高い高いで楽しそうにしている姿、抱っこで安心している表情、全てが作品です。

ベイビーフォトを詳しく見る場合はこちらをクリック

エメのウェディング。

厳かで肖像画のようなスタジオ撮影と、個性的で実力派の様々なカメラマンが撮影するロケーション撮影。
あなたの好みにあった写真がここにあります。
 

ウェディングフォトを詳しく見る場合はこちらをクリック

 


記念写真とは?

何かの節目に撮影する写真。
というのは当たり前の回答ですね。
私が写真というものに携わって、もう18年。
いろいろな事を考えます。
最近考えるのは、記念写真を撮影する事の大切さ。
人間の記憶力はとても弱いです。
いろんな事をどんどん忘れていきます。
でも写真を撮っておく事で、その映像と当時の記憶が紐づけられ、
写真を見ると関連した記憶が呼び起こされます。
これ、写真というトリガーがなければ、ほぼ思い出さずに人生を終える可能性が高いわけです。
忘れてもかまわない人は写真など撮らないだろうし、私は人生のいろんな事を忘れたくない。
忘れられないように写真を残すという考え方もあるかもしれませんが、
自分が死んだら忘れられたくないとかいう感情すら無になる訳で、そう考えれば、
記念写真の役割って、たぶん自分が忘れたくないってことなんだと。
自分が思い出すこと、思い出。
当たり前だけど、記念写真=思い出。
自分が忘れないようにする為の、写真。
見るたびに、その時の状況や感情が思い出される。
その思い出に浸れることこそ、記念写真の醍醐味だと思います。
 
フォトグラファー 山本じゅん

GALLERY

ギャラリー