お腹は出したくない方へご紹介するマタニティフォトの撮影方法

0

「マタニティフォトを撮ってみたい!でもお腹を出すのは少し恥ずかしいな。」と思っている妊婦さんもいらっしゃるかと思います。
しかし、必ずしも「マタニティフォトはお腹を出して撮影する」というわけでもないのです。

今回は、お腹を出さなくても撮影できる方法をご紹介します。

あい写真館マタニティフォトキャンペーン

□マタニティフォトはお腹を出すもの?

マタニティフォトの撮影スタイルに正解はありません。
マタニティフォトは海外セレブがSNSにアップするようになってから、ブームに火がついたのですが、当時海外セレブはこぞってお腹を出して撮影していました。

その影響があって、日本でも妊婦さんが大きく膨らんだお腹を出してマタニティフォトを撮影する人が急増したのです。
今でも、お腹を出してマタニティフォトを撮影する方は多く、お腹が見えるような衣装はマタニティフォトの定番衣装となっています。

しかし最近では、お腹を出さずにマタニティフォトの撮影をする人も大勢いらっしゃいます。
やはり、「お腹を出すのが恥ずかしい!」という方がたくさんいらっしゃるのですね。

妊娠するとお腹に妊娠線が現れたり、お腹の産毛が濃くなってきたりします。
マタニティフォトは一生残る大切な写真になるので、そのような恥ずかしい部分は見せたくありませんよね。

□お腹を出さなくても撮影できる方法とは?

実は、お腹を出さなくても、マタニティフォトは撮影できます。
柔らかい素材の衣装を選ぶと、お腹のラインがよく分かるので良いでしょう。

十分にお腹が大きくなっている段階での撮影なら、普段着のようなカジュアルな衣装でもマタニティフォトとして十分成立します。
カジュアルな衣装をチョイスすれば、普段と近い自然体の表情を撮影できるので、気張らない写真に仕上がることでしょう。

「お腹は出したくないけれど、特別感は出したい!」という方には、ウエディングドレス風の衣装がおすすめです。
白の総レースがあしらわれたドレスは、貴重な妊婦姿をよりいっそうきれいに見せてくれるのでマタニティフォトに大人気なのです。

また、赤ちゃんのエコー写真やベビーグッズなど、赤ちゃんに関連した小道具と一緒に撮影すると、お腹を出していなくても一目でマタニティフォトだと分かるので良いでしょう。

□最後に

今回は、お腹を出さなくても撮影できる方法をご紹介しました。
お腹を出さなくても、素敵なマタニティフォトを撮影できます。
ご自身が納得のいくようなスタイルで撮影をしてくださいね。

 

あい写真館マタニティフォトキャンペーン

aimer

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です