厚木で七五三を行う際、子供が着物を嫌がるときの対処法とは?

0

厚木でお子さんの七五三を行おうと考えている方はいらっしゃいませんか?
七五三は着物やヘアスタイルの準備なども大変ですが、本当に大変なのは子供が着物を嫌がるといったときです。
特に写真撮影の時は、不機嫌な表情のままだと余計に撮影時間が長くなり、また更に機嫌が悪くなっていく、というような悪循環に陥ってしまいます。
今回は、お子さんが着物を嫌がるときの対処法についてお伝えしていきたいと思います。

 

□事前に着物に慣れさせる

七五三当日に着物を初めて着るとなると、まだ慣れていない子供は着物の着心地に違和感を感じ、嫌がることになって不機嫌になってしまいます。
特に、着物以外でも普段から新しい服を着るときに不機嫌になってしまっていた場合は着物でも不機嫌になる可能性が高いので、事前にある程度着物の着心地に慣れさせておきましょう。
シンプルですが、一番効果的な対処法だといえます。

 

□着物は素敵なものであると教え込む

着物の着心地が嫌いという子供でも、着物が素敵なものだと思えると、それを我慢できたり、むしろ喜んで着るようにすることができます。
例えば女の子であるならば、着物はお姫様が着るものであるという風に伝えたり、男の子なら着物はヒーローが着るものだというように伝えることができると着物を着ることを嫌がることは少なくなります。

 

□キャラクターが着物を着た画像を家中に貼る

男の子でも女の子でも好きなキャラクターがあるかと思います。
このキャラクターが着物を着ている姿を画像にしてお子さんに見せると、自分もこの格好をしたいと思えるようになり、嫌がることなく着物を着てくれるようになるかもしれません。

 

□ご両親も着物を着る

子供は人が着ているものや他人が持っているものに興味をいだきやすく、自分も同じようにしたい!という欲求をもつことが多いです。
そのため、七五三で着物を着る際には、ご両親も着物を着られていると、子供も自然と同じものを着たいと思ってくれるはずです。

 

□評判の高いフォトスタジオを利用する

写真撮影の際子供が嫌がるのが困るということであれば、評判の高いフォトスタジオを利用するのも一つの手です。
フォトスタジオなどで七五三の写真撮影を多く行っているような場所は、たくさんのお子さんを見てきているので子供が着物を嫌がるときの対処法を知っていたり、表情を引き出すことが非常にうまいです。
いい思い出として七五三の記憶を残すためにフォトスタジオも利用しましょう。

 

□まとめ

子供の機嫌は崩れやすく特に七五三のような忙しい時は困ってしまいますよね。
そんな時は今回ご紹介した子供が嫌がる際の対処法をぜひ試してみてください。
また、厚木でフォトスタジオをお探しなら、本厚木駅近で営業しております、あい写真館もぜひご利用ください。

aimer

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です