東京で七五三を行うなら!神社へのお参りをいつ行うべき?

0

七五三を無事に迎えられることは、子供の成長を見守る上で非常にうれしいことですよね。
七五三では着物で前撮りを行って、神社にお参りをするという方が多いですが、そもそも七五三のお参りはいつがいいのでしょうか?
今回は、主に東京在住の方に向けて、七五三参りはいつ行えばよいのかということを詳しく見ていきたいと思います。

 

 

 

□七五三の正式なお参りの日

 

七五三の正式なお参りの日は11月15日とされています。
なぜこの日なのかというと、昔、15日は十五夜で満月の日であり、おめでたい日とされたからです。
また、それぞれの月には干支が割り振られており、11月は子(鼠)とされています。
このことから、11月15日はまさに子供の成長を祝う上でこの上ない日であったということです。

 

*七五三当日に都合がつかない場合は?

 

ご家庭の都合によって、七五三当日の11月15日に都合がつかない場合もあるかと思います。
その際は、11月15日前後の日で行う方が多いです。
具体的には、9月下旬~12月初旬くらいまでの期間で、都合の良い日に行われることが多くなっています。
一般的に11月15日に近づくにつれて混雑してくることが多いので、混雑を避けたいのであればこの期間の中で少し11月15日からずらしてみるのもいいかもしれません。

 

 

 

□準備はいつからはじめる?

 

七五三のお参りをする際は、着物をレンタルしたり、前撮りを行ったりと、事前の準備が大切になってきます。
このような準備はいつから行えばよいのでしょうか?
前撮りに関しては、10~11月はかなり混み合うことが予想されるので、5月~9月ごろまでに前撮りを完了しておくと余裕をもって行うことが可能です。

 

 

 

□神社へお参りするための準備

 

神社にお参りを行う際は、神社でお祓いを受ける方も多いです。
10月~11月の土日祝日は希望者が多いため、予約制になる場合もあります。
そのような場合は、事前に予約をしておかないと、せっかく着物を着ていったのにお祓いをしてもらえないという可能性もあります。
予約が必要なのかどうかは、神社の公式ホームページや、現地で確認しておくことが重要となります。

 

 

 

□東京でおすすめの七五三の神社

 

*明治神宮

 

明治神宮は、アクセスの良い立地にあり、さらに日本有数の参拝者を誇る神社でもあります。
近くにレストランなども多く、七五三参り後の食事やショッピングなども気軽に行うことができます。

 

*神田明神

 

七五三参りのお参りで千歳飴をあげるようになった最初の神社とされており、七五三に関しても伝統のある神社です。
参拝の予約が必要でないので、気軽に参拝を行うことができます。

 

 

 

□まとめ

今回は、七五三参りを行うのはいつかということについてお伝えしてきました。
正式なお参りの日にちは11月15日ですが、予定が合わない場合は、9月下旬~12月上旬の間で参拝を行うようにしましょう。

aimer

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です