東京で七五三を考えている方必見!三歳の女の子の着物の種類を解説!

0

三歳の七五三は親御さんにとってもわからないことがたくさんありますよね。
その中でも特にわからないのが、着物の種類ではないでしょうか。
そこで今回は、三歳の女の子の着物の種類について詳しく解説します!

□大きく分けると二種類

*被布

三歳の七五三で一般的なのが、着物の上に綿入れのコートを着る「被布」です。
「三ツ身」か「四ツ身」という子供用に仕立てた着物に、肩あげ・腰あげをして着付けます。
この着物は、一歳でお宮参りをしたときの祝い着のサイズが合えば、そちらを着ることもできます。
三ツ身は三歳でも着られる布の量で作っていますが、三歳で四ツ身を着用するとなると、大幅に上げが必要なので注意が必要です。

*帯付き

大人と変わらない、帯を巻いた姿が「帯付き」です。
帯を結ぶとき、しごきと帯揚げというものが必要になります。
ですが、三歳用の短いしごきや帯揚げはほとんど市場にないのが現状です。
そのため、帯を結ぶときには七歳用のものをつけることになります。
また、三歳のお子さんは本格的なものでは疲れてしまいますので、本格的な作り帯ではなく三尺帯や扱き帯を蝶結びにしてあげると苦しさを軽減できるかもしれません。
こちらなら、帯揚げやしごきがなくても華やかにできるでしょう。

 

□なぜ被布が一般的か

*由来は江戸時代

諸説ありますが、現在のような七五三の行事の始まりは江戸時代とされています。
当時は今よりも乳幼児の死亡率が高く、三、四歳になってから、現在の戸籍にあたる人別帳などに記入しました。
このことから、七五三のお祝いは無事に成長したことを祈る儀式になっているのです。
三歳の儀式は「髪置き」と言って、「もう赤ちゃんじゃないよ」と社会の一員として成長したことを認め、髪を伸ばす行事です。
そして七歳の儀式は「帯解き」といって、大人の女性と同じ幅広の帯をつけることで、一人前の女性になったことを祝います。
つまり女の子の衣装は、七歳とは違って帯を結ばなくても良いことになります。
そのため、正式な帯を結ぶ代わりに被布を着せているのです。
兵児帯など子ども用の柔らかくて簡単な帯を結び、それを隠すために被布を上からかぶせます。
被布を着られるのは三歳のときだけなので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

□まとめ

今回は七五三における三歳の女の子の着物の種類についてお伝えしました。
ポイントは大きく分けて「被布」と「帯付き」の二つの種類があることと、帯は子ども用のものを選んであげることです。
七五三の着物の種類について詳しく知りたいときは当社にお気軽にご相談ください!

aimer

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です