厚木に住む方必見!3歳の女の子の七五三に必要なものを解説!

0

我が子の七五三デビューが楽しみでたまらない!

お子さんの七五三、とっても楽しみですね!
うちも子供の七五三では色々着せて写真を撮りまくりました。
そして「もうヤダ・・」と言われました。(泣)

七五三といえばやはり着物。
着物なんて普段接しない今の時代、
「初めての七五三で着物の知識がない…」
「当日の準備ってなにがあったらいいの?」
このようにお悩みの方は多いと思います。
初めてのお子さんだと、何を用意していいかわからず不安になってしまうかと思います。
今回は、そんな3歳の女の子の七五三に必要なものを解説します。
不安を解消して素敵な記念日にしましょう!

 

あい写真館

 

 

□3歳の七五三にはなにを着せるか

3歳の七五三は多くの場合は女の子のみですが、関西では男の子も祝う場合があります。
3歳の女の子の七五三では、一般的に「被布」を着せます。
被布というのは、着物の上に着る羽織の袖をなくしたようなもので、多くはベストのような形をしているのが特徴です。
3歳の七五三で帯を結ぶこともできますが、3歳のお子さんは帯が苦しい、動きにくいといった理由で嫌がったりすぐに脱ぎたがります。
被布は着物の上からすっぽりとかぶるように着るので、帯なしで着ることができ、結び帯に比べれば格段に楽です。
また、帯結びに時間がかかって退屈してぐずってしまうということもなくなりますので、被布をお勧めします。

 

□着付けに必要なもの

3歳の女の子の着付けに必要なものは、以下になります。
・祝い着(着物)
・被布(ひふ)
・肌襦袢(ノースリーブの肌着でOK)
・長襦袢
・半襟(刺繍)
・足袋
・腰紐(2〜3本)
・草履やバッグ、髪飾りなど小物類

まずは被布と祝い着、それから肌襦袢などが必要になります。

肌襦袢の役割は、肌着と変わらないので、洋服を着るときと同じ薄手のシャツや肌着で代用できます。

肌襦袢を代用する際は、着物の袖から見えないように半そでのものを選ぶと良いでしょう。

長襦袢は祝い着の下に着る着物で、これに半襟を縫い付けておきます。

刺繍半襟で可愛くするのが今の主流です。

足袋は靴下タイプのものが履きやすいのでおすすめです。

腰紐は2~3本あると良いですから用意しましょう。

3歳の場合は伊達締めがなくても大丈夫です。

 

*着物の材質について

着物は通常は正絹(しょうけん)、つまりシルクで織られています。

3歳の七五三の着物にも、当然正絹のものがあります。

もちろん3歳の七五三に正絹の着物を着せてあげても良いですが、神社で走り回ったりしてしまうことが多いです。

正絹は高級ですし重くて汚れに弱いので、軽いポリエステル素材の着物を選んであげる方がお子さんのためにも、親御さん精神衛生上も良いでしょう。

 

□お参りの時にあると便利なお助けグッズ

子どもは長時間の行事に耐えられないものだと考え、色々用意があると助けられます。

神社に着くまでは靴がベストです。

草履だけではすぐに足が痛いと脱いでしまいます。

脱いだ靴を入れたりするビニール袋は必需品です。

お参りの最中にぐずって着物や草履を脱ぎたがるかもしれませんから、着替えがあると良いでしょう。

食べ物を食べるときに胸元にかけるタオルも必要です。

また、髪飾りを嫌がる場合もありますので、取り外しが簡単な髪飾りを選びましょう。

 

□まとめ

今回は3歳の女の子の七五三に必要なものを解説しました。

ポイントは、お子さんの負担を減らしつつ、親御さんのストレスも軽くできる着物やグッズを選ぶことです。

ぜひ、七五三を楽しんでください!

 

あい写真館

aimer

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です