東京在住の方向け!これから七五三の方へ、五歳男の子の着付け解説!

0

男の子がそろそろ五歳になる、そんなときに気になるのが五歳の七五三かと思います。
三歳よりも大きくなった姿を、かっこよく思い出に残したいですよね。
今回は、男の子が五歳になるときの七五三の着付けについて解説します。

 

□必要なもの

*三歳のときとは変わることに注意

三歳のときには被布を着用するのが一般的でしたが、五歳になると袴と羽織を着ます。
ですから、着付けに必要なものは以下の8点になります。
・肌着
・長襦袢
・腰紐
・着物
・羽織
・袴
・草履や雪駄
・懐刀や羽織紐、扇などの小物
腰紐は余裕をもって4本ほど持っておくと安心です。
他にも、たくさん動いても袴がずれないようにサスペンダーをつけると良いですね。
七五三用の着物をレンタルするとついてくる場合も多いですが、ない場合は自分で用意しましょう。
サスペンダーが見えるかどうかですが、男の子は羽織を着用するので基本的には見えなくなります。
五歳の男の子は活発でしょうから、購入・レンタル品にない場合は一本用意しておくと安心です。

 

□着付けの前に必要な準備

*肩上げ、腰上げ

七五三は子どもが無事に大きくなるのを願う行事です。
「もっと大きくなってほしい」という願いを込め、現在でも子どもの体格より大きい着物をあらかじめ縫い上げてサイズ調整したものを着用します。
このサイズ調整自体を「縫い上げ」、腰の位置でしたものを「腰上げ」、肩でしたものを「肩上げ」といいます。
レンタルや新規購入の場合はすでに肩上げ・腰上げがされているので、縫い上げの準備は必要ありません。
しかし、五歳のお子さんが着たものや、お父様が着た着物を使用する場合には、お子さんに合わせて縫い上げが必要になります。

 

□お参り前にしたほうがいいこと

*事前練習

子どもは慣れない袴を着るのを嫌がる場合があります。
また、当日に着付ける場合は時間がかかってしまいますから、事前に練習しておいたほうがいいでしょう。
練習の時に「かっこいいね!」「似合うよ」などと声をかけてあげることで、当日も喜んで袴を着てくれるはずです。
実際に着用して家の中を歩いてみることで袴の丈が適切か、帯の締め方が苦しくないかなどの細かい調整もできますよ。

*おすすめの練習方法

解説サイトや教本を見るのも良いですが、最近は動画投稿サイトに着付けの解説動画をあげている人も多いです。
それを参考に何度か練習をすると、お子さんに慣れてもらうこともできますし、当日もスムーズに着付けられます。

 

□まとめ

今回は七五三を迎える、五歳の男の子の着付けについて解説しました。
三歳の時よりかっこいい「お兄さん」になったお子さんを、凛々しく着付けてあげましょう!
七五三の着付けについて、詳しく知りたい方はお気軽にご連絡ください。

aimer

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です