東京で七五三を考えている方必見!親が自分で着付ける方法!

0

七五三は親にとっても大切な行事のため、自分で着付けたいという親御さんも少なくありません。
今回は、七五三の着付けを自分で行う方法をお伝えします。

 

□着付けに必要なもの

*基本は四点

・着物
・長襦袢
・腰紐(1~4本ほど)
・足袋
着付けに必要なものは基本的にはこの四点で、男女とも同じです。

*男の子の場合

三歳のときに被布、五歳のときには羽織や角帯、袴が必要です。
また、袴のずり下がり防止にサスペンダーがあると良いでしょう。

*女の子の場合

三歳のときに被布、七歳のときは帯や帯揚げ、伊達帯、しごきが必要です。
七歳の七五三では帯を締めるため、帯板を購入する方もいます。
自宅でセットする場合は髪飾りも必要です。
他にも、帯を自分で結ぶのは大変なので、作り帯を購入するかレンタルしても良いでしょう。

*あれば便利

男女ともに面テープつきのベルトがあると便利です。
腰紐を締めるときのキツさや、紐の結び目によるおなかの圧迫感を減らしてあげることができますよ。

 

□着付けの方法

*共通のポイント

・一番初めにトイレを済ませておき、足袋を履かせてあげると着付けがスムーズです。
・長襦袢を着るときに腰紐をしっかり結ぶと、胸の下で紐を結ぶときにきつく締めなくても着崩れしにくくなります。

*三歳

三歳の七五三の着付けは男女共通になります。
・長襦袢を着せ、襟をあわせて腰紐を結ぶ
・着物を着せたら半襟を1センチほど出し、裾丈をくるぶしにあわせて、つけ紐を胸の下で結ぶ
・被布を着せたら完成!
三歳の七五三は着物の上から被布を着用しますから、着付けも簡単にできるようです。
着付けデビューにおすすめです。

*五歳の男の子

長襦袢の上に着物を着付けるところは三歳と同じです。

・帯を二回巻いて後ろで結ぶ
・帯の上が少し見えるように袴を履かせる
・足の甲あたりに裾丈をあわせて前紐を締める
・腰紐についているヘラを帯の間で挟み、紐を前で十字に結ぶ
・羽織を着せて完成
袴にサスペンダーをつけると、たくさん動いてもずれにくくなります。
羽織を着せるのでサスペンダーが見えにくくなるため、着崩れが心配な場合は試してはいかがでしょうか。

*七歳の女の子

・長襦袢を着せ、襟をあわせ、腰紐を結ぶ
・着物を着せて着丈を合わせ、おはしょりを作る
・腰紐を結び、おはしょりを整え、半襟を出して襟元を整える
・胸紐をつけ、伊達締めを結び、帯を結ぶ
・帯揚げとしごきを巻いたら完成

 

□まとめ

今回は七五三で親が着付ける方法をお伝えしました。
難しい場合は動画を見ながら着付けるのもおすすめです。
また、着付けに便利な小物はどんどん使って、お子様の負担を減らしてあげるとスムーズに着付けができます。
着付けにチャレンジしたい方は、ぜひこの機会にお子様の着付けをご自身でしてあげてはいかがでしょうか。
わからないことがありましたら、当社までお気軽にご相談ください。

aimer

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です